小さくても愛のある家|狭小住宅に住もう!

グループ会社

女性

昭栄建設はプライドを持って仕事をしているので、材質の良い木を使って安全安心の家作りをしています。昭栄建設はアフターサービスが入居後定期訪問が4回ほどあり、2年後には建物の状態を詳しく点検するなど、充実したバックアップ体制があります。

More Detail

狭さを活かした住宅

男女

土地を購入したけれど三角地だった、住宅密集地にあり土地面積も狭いなら、狭小住宅という選択肢があります。土地面積を考慮して設計する特別なデザインの住宅なので、家族の思いや地形を活かした家づくりが実現できます。狭小住宅で工夫すると良いのが無駄をなくすことであり、廊下やホールを作らず、収納を増やすと部屋が使いやすくなります。廊下やホールは限られた面積の中では無駄な場所となるため、最初から作らず部屋の一部にした方が良いです。また狭い住宅ならではの悩みといえば収納問題ですが、階段下や壁面、床や天井等、あらゆる場所に設けると問題は解決されます。一見普通に見える階段や壁面も、開ければ大容量の収納になっているため、見た目が美しく綺麗に片付きます。

人口過密地帯や住宅街は地価が高いため、ようやく購入しても面積の小さい土地しか手に入らない事もあります。けれども大切な家族と暮らす一戸建てなので、どんな理由があっても、同じ屋根の下で暮らせば快適な空間となります。隣家との境がほとんどない、入口が狭く面積も狭い、道路に挟まれて自由度が低いなら、狭小住宅は最適です。一戸建てを建てる時に悩むのが隣家との境ですが、敷地内で住宅を建てなければならないため、設計には制限があります。また入口も土地も狭い場合は移動が困難であり、道路に挟まれていると表も裏もリスクがあるため安全では無いです。これらの問題を解決してくれるのが狭小住宅であり、設計士は悩みや地形に合わせて最適なプランを提案します。日差しを取り入れる住宅や視線を遮る住宅、圧迫感を感じない空間や効率の良い収納を実現できます。

好きな土地でマイホーム

家を持つ人

湘南で注文住宅を建てることは、都内ではできない海や自然に囲まれた生活を送ることができ、また東京や商業施設へも便がいいなど多くのメリットがあります。信頼できる工務店を選ぶことで、理想のマイホームを建てることができるのです。

More Detail

物件の購入で大切なこと

積み木

宝塚は近隣都市のベッドタウンということで、市内各地に住宅地が作られています。子供のいる家庭を想定して一戸建てが作られており、駅から近く耐震性に優れています。人気の高さから販売価格が高めになっているため、予算に合わせて選ぶことが大事です。生活のしやすさを調べるために、事前の物件見学も必要になります。

More Detail